イメージに合った薬剤師の仕事ができる管理薬剤師への転職

製薬企業に管理薬剤師として転職すること

調剤や服薬指導が基本的な業務になるとは思っていなかった製薬企業に管理薬剤師として転職すること本来自分が持っていた薬剤師のイメージに近い仕事ができるように

まだ第二新卒として扱ってもらえる状況にあったので、製薬企業に管理薬剤師として転職することだけを考えて、若さと意欲を武器にして転職活動を行い、ついに採用してもらうことができたのです。
実際に働き始めてからはさらに工場勤務の地位を獲得しなければならないので、それからも必死に働くことが必要でした。
本社勤務でスタートすることになったので、うまく異動の許可をしてもらう必要があったのです。
在庫管理を行うだけでなく、品質管理や品質分析を行う業務に当たるのが目標だったので、積極的に生産や工場管理に関わるプロジェクトに参加をして、本社での基本の仕事以外にも手を出すようにしました。
しかし、工場の人では足りているという状況があったので、異動の機会を得られないまま年月が過ぎてしまったのが事実です。
このような経過があったので、また転職をするという考えが頭に浮かびました。
別の企業で工場で分析業務をするのを前提に雇ってもらえないかと考えたのです。