イメージに合った薬剤師の仕事ができる管理薬剤師への転職

調剤や服薬指導が基本的な業務になるとは思っていなかった

調剤や服薬指導が基本的な業務になるとは思っていなかった製薬企業に管理薬剤師として転職すること本来自分が持っていた薬剤師のイメージに近い仕事ができるように

自分が薬剤師になるために大学の薬学部を選んだのは、仕事に対するイメージがあったからです。
薬を扱う専門家というと、薬を調合するというイメージがありました。
本当ならよく業務内容について調べてから大学を選ぶべきだったとは思いますが、調剤や服薬指導が基本的な業務になるとは思っていなかったのです。
白衣を着て試験管を片手に持ち、薬を混ぜているというイメージを持って薬剤師を目指したのですが、勉強したり実習を受けたりしているうちに違うと感じてしまって愕然としていました。
それで研究者を目指そうとも考えたのですが、大学院に進学するほどのお金がなかったので諦めざるを得ません。
結局は卒業してから調剤薬局で働くことにしたのです。
しかし、やっぱりやりたいことと違うという思いが募ってしまい、仕事を辞めて他の働き方を探そうと考えるようになりました。
少しお金ができたので大学院に行くということも考えましたが、研究職の道は狭く、歳も取ってしまった自分にとってさらに狭き門になるだろうという印象があります。
そのため、他の方法でイメージしていたような仕事ができないかと考えました。
薬を調合するとまではいかなくても、化学を使って仕事をする道がないかと探してみて見つかったのが管理薬剤師の仕事の一つでした。
医薬品の製造工場の管理薬剤師になれれば、想像していたような仕事が業務の一部になるとわかったのです。
それを知ってからは転職の道を真っ直ぐに進みました。

薬剤師として働いていましたが転職して派遣社員になりました

薬剤師の資格を持っていたら、将来は安心だと思っていました。
しかし就職する時期になると、資格を持っていても企業の研究職につけるのは、ほんのわずかだということがわかりました。
安定志向を持った学生が多くなったことから、様々な大学で薬学部が設立されて、薬剤師の資格を持つ人が増えたことも、研究職への道が狭くなったことに繋がったと感じました。
ただ、希望していた職につけなかったからといって、無職でいるわけにもいかなかったので、資格を生かした仕事をしようと考えました。
そこで病院に併設されていて調剤薬局の薬剤師として働くことを考えたので、複数の病院が出している求人募集に応募しました。
筆記試験や面接を経て、ようやく大学を卒業するまでに就職先が決まったので安心していました。
しかし就職してみると、大学で勉強した薬の知識が想像していたよりも生かせないことを実感することになりました。
新人だということもあり、雑用が中心になって少しずつ現場の雰囲気に慣れたり、仕事のやり方を覚えるというのは納得することができますが、職場でははっきりと年功序列という状態になっていて、年上の人がいうことは絶対正しいという雰囲気になっていました。
それがおかしいと感じたので意見をしたところ、これだから若い人はという感じで軽く流されてしまいましたし、非効率的な仕事をする上司もいたので腹立たしいと感じていました。
ただこれだけで仕事を辞めるわけにはいきませんし、大学時代の友人と話しをしていても、職場では理不尽なことが多いというのは同じなので、何とが頑張って乗り越えようと考えました。
前向きに考えるようになったことで、少しずつ仕事にもやりがいを見出せるようになりましたが、職場の人間関係ほど難しいものはないということも実感するようになりました。
大人同士なので、話しあえば理解できると思っていましたが、大人だからこそ子供のような喧嘩を引きずってしまうということがわかりました。
それに人間には二面性があって、患者さんの前では愛想が良くても、それ以外ではいつも怒ったような表情を浮かべている人もいて、人間関係の難しさがあることを知るようになりました。
自分では、そのようなトラブルを乗り越えているような気持ちでいましたが、知らないうちにストレスをため込んでいたようで、気づいた時には頭頂部に10円ハゲを作っていました。
医療機関に受診をしたところ、ストレスによるものだと言われて、薄毛は放置しておいたら自然と治るけれど、ストレスは原因を早めに突き止めて改善したほうがいいとアドバイスされました。
自分の心に大きな負担をかけているのは、職場の人間関係しか思い当たるものがなかったので、薬剤師として働くのは限界かもしれないと考えるようになりました。
人間には向き不向きがあると母親から説得されたこともあり、その後、すぐに調剤薬局を辞めることにしました。
そしてその後、求人誌で見た派遣会社に転職することにしました。
派遣会社に登録したら、一般企業の事務職はどうですかと提案されたので、今まで経験がありませんでしたが、パソコンを使えるので応募しました。
地元企業だということもあり、簡単な面接をしただけで、その場で採用が決まりました。
また人間関係に悩むのは嫌だと心配していましたが、新しく働き始めた職場は気持ちの良い人ばかりで、毎日楽しく働けています。
今まで人間関係に悩んで、初対面の人と話すことに少し嫌気がさしていましたが、新しい職場では笑顔があふれる職場なので、仕事の楽しさを実感しています。
無理にあのまま働き続けていたらもっと疲れていたと思うので、派遣社員になって良かったと満足しています。